オリジナル記事

【2023年】MECTとは【工作機械と切削工具の展示会を徹底解説】

切削工具と切削加工業界の情報を発信するポータルサイト「タクミセンパイ」をご覧いただきありがとうございます。
当サイトを運営する編集長の服部です。

本記事では「工作機械と切削工具の展示会 MECT(メクト)」について解説しています。
「MECTの概要、近年の動向」について理解が深まる記事を目指して執筆しました。

*本来は「メカトロテックジャパン」が正しい表記ですが、本記事では公式でも採用されている略語「MEC(メクト)」を使用しております。

【記事の信頼性】
本記事を書いた私(服部)は2014年から切削加工業界に携わり、2020年から「タクミセンパイ」を運営しています。

工具メーカーで営業として500社以上の切削工具ユーザー(工作機械で切削加工されている方)に訪問し、技術支援をさせていただきました。
また、マーケティングとして展示会とイベントの企画・運営、カタログとWEBサイトの大型リニューアルプロジェクト、ブランディングプロジェクトを経験しました。

営業とマーケティングの経験をもとに、切削加工業界で働く皆さまに向けて本記事を執筆しています。

メルマガ会員募集 メルマガ会員募集

MECTとは

画像

MECT(メクト)は「MECHATRONICS TECHNOLOGY JAPAN」の頭文字で、メカトロテックジャパンとも呼ばれます。
1987年にスタートした国内最大級の工作機械見本市です。

国内ではJIMTOFに次いで規模の大きな、自動車産業の中心地である名古屋で開催される展示会です。
工作機械メーカーや切削工具メーカーが、このイベントに合わせて新製品を発表しています。

名古屋で開催されることから、作業着姿で参加される方が多いのもこの展示会の特徴です。

MECTについて、下記をまとめています。

  • 開催年と開催場所
  • 主催・運営・出展製品
  • 来場者数の推移
  • 来場者データ
  • MECT2021の実績
  • MECT2023の概要
  • MECT2023の出展メーカー
  • X(旧Twitter)を運用しているメーカーのアカウント

開催年と開催場所

画像
ポートメッセ名古屋公式サイトより


MECTは、奇数年にポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催されています。

2023年は新第1展示館が初めて使用され、既存施設の第2展示館と第3展示館を含めた総展示面積は従来の34,000m2から6,000m2増え、40,000m2の最大規模で開催されます。

MECTが開催されない偶数年にJIMTOFが開催されています。

主催・運営・出展製品

MECTは株式会社ニュースダイジェスト社が主催で、運営もおこなっています。

ニュースダイジェスト社は、月刊生産財マーケティングを出版している会社として、ご存知の方が多いかと思います。
展示会と出版物が連動した企画力が、他の展示とは異なります

共催には愛知県機械工具商業協同組合、後援には経済産業省、文部科学省、日本貿易振興機構(ジェトロ)名古屋貿易情報センター、愛知県、名古屋市、名古屋商工会議所が、協賛には多くの団体が参加しています。

出展製品は下記となっています。

  • 工作機械
  • 鍛圧・板金加工機
  • 射出成形機
  • 3Dプリンター
  • 機械工具
  • のこ刃
  • 切削工具
  • 工作機器
  • 測定機器
  • 試験機器
  • 研削砥石
  • 研磨材
  • 油圧・空圧・水圧機器
  • 歯車・歯車装置
  • 環境・安全対応機器装置
  • CAD/CAM/CAE
  • 制御装置・関連ソフトウエア
  • 産業用ロボット
  • 搬送装置
  • 洗浄機械装置
  • 品質管理・安全・試験認証機関
  • 新素材
  • マイクロマシン
  • ナノテクノロジー関連

来場者数の推移

画像


MECTの来場者推移をまとめてみました。
WEB経由で入手できた最も古い来場者データが2003年だったため、2003年以降の来場者推移のグラフとなっております。

東日本大震災の2011年は来場者が減っていますが2007年から2019年までは来場者数が90,000~94,000人で推移しています。

新型コロナウイルスの影響を受けていないMECT2019の来場者数合計は90,244人で、MECT2021は前回から来場者数が23.6%減った68,929人でした。

下記は2021年1月1日(金)~10月23日(土)の全国と愛知県の新型コロナウイルスの感染者状況をグラフにしたものです。

mect2021-covid19-dailydata

MECT2021が開催された2021年10月17日(日)~23日(土)1週間の全国の新型コロナウイルス感染者数は2021年の中でも特に少なく、べストなタイミングで開幕しました。


来場者データ

MECT2021の来場者データから、MECTの特徴を説明します。

MECT2021の来場目的

画像
MECT2021レポートより作成

MECT2021の来場者に対して、来場目的を回答してもらった結果が上記グラフです。

「新製品情報・資料の収集」と「業界動向の調査」を目的に参加されている方が圧倒的に多いことがわかります。

MECT2021来場者の業種

画像
MECT2021レポートより作成

MECT2021の来場者に対して、業種を回答してもらった結果が上記グラフです。

製造業に従事されている方が71.7%と圧倒的に多く、次いで「商社・代理店」が14.3%となっています。

MECT2021来場者の職種

画像
MECT2021レポートより作成

MECT2021の来場者に対して、職種を回答してもらった結果が上記グラフです。

技術系(製造、生産技術、設計、研究・開発)だけでなく、「営業・販売」の方が「新製品情報・資料の収集」と「業界動向の調査」を目的に参加していることがわかります。

MECT2021

MECT2021について

mect2021

MECT2021の開催概要は下記です。

名称メカトロテックジャパン2021
MECHATRONICS TECHNOLOGY JAPAN2021
(略称:MECT2021)
会期2021年10月20日(水)〜23日(土)
開催時間10:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
1号館・2号館・3号館
出展規模426社・団体 1,795小間
来場者数68,929人


MECT2021のブースの様子。お昼ごろに来場者数がピークになることが多いです。

画像
公式サイトより


MECT2021のセミナー会場の様子。事前予約が必要で、早くに満席になることがあります。

画像
公式サイトより


MECT2021の来場者データ

MECT2021の来場者数は下記です。

天候来場者数
10月20日
(水)
晴れ14,255人
10月21日
(木)
晴れ15,897人
10月22日
(金)
晴れ23,675人
10月23日
(土)
晴れ15,102人
合計68,929人

金曜日の来場者数が多い傾向にあります。
以前は土曜日の来場者数も多かったのですが、働き方改革の影響もあってか減少傾向です。

MECT2023

画像

キャッチコピーは「FEEL IT!工作機械の迫力をさあ、会場で。」です。

名称メカトロテックジャパン2023
MECHATRONICS TECHNOLOGY JAPAN2023
(略称:MECT2023)
会期2023年10月18日(水)〜21日(土)
開催時間10:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
新第1展示館・第2展示館・第3展示館

来場者数は70,000人と予測されています。

出展メーカー

MECT2023に出展する工作機械メーカー(切削)、ツーリングメーカー、切削工具メーカーをまとめました。

工作機械メーカー(切削)

出展社名(五十音順)小間番号
アマダ1D39
岩間工業所1B07
エグロ1A25
オーエム製作所1D13
オークマ1D33
岡本工作機械製作所1D08
北村製作所1D06
キラ・コーポレーション1A30
ジェイテクト1D36
シチズンマシナリー1B13
芝浦機械1A09
嶋田鉄工所1C23
新日本工機1C25
スギノマシン1A37
スター精密1B27
西部電機1D27
ソディック1B36
高松機械工業1B34
TAKISAWA1A13
ツガミ1A38
DMG森精機1C27
東洋精機工業1A11
中村留精密工業1C11
西島1C07
ニデックオーケーケー1A17
ニデックマシンツール1A18
野村DS1B10
長谷川機械製作所1A33
ファナック1A31
ブラザー工業1D24
豊和工業1A39
ホーコス1D31
牧野フライス製作所1A16
松浦機械製作所1A12
三井精機工業1D38
三井ハイテック1C17
村田機械1B08
安田工業1A34
ヤマザキマザック1A41
碌々産業1B26


ツーリングメーカー

出展社名(五十音順)小間番号
アルプスツール1A36
エヌティーツール2D10
MSTコーポレーション2C33
聖和精機2D09
大昭和精機2D08
戸田精機2D25
日研工作所2D18
ハイマージャパン2C30
ビーシーテック2D23
マンヨーツール2D20
ユキワ精工2D17


切削工具メーカー

海外製品の日本代理店やオリジナル切削工具を扱う商社も含まれており、全ての会社がメーカーではありませんが、こちらの記事では全てメーカーと表現しております。

出展社名(五十音順)小間番号
旭商工2A26
イスカルジャパン2A16
IZUSHI2C22
イワタツール2C08
宇都宮製作所1A14
栄工舎2D12
NTKカッティングツールズ2D02
エフ・ピー・ツール2C19
エムーゲ・フランケン2B06
オーエスジー2B28
岡﨑精工2D15
兼房2C11
Kamogawa2B01
京セラ2A35
グーリングジャパン2B09
グリーンツール2A13
Cominix2C24
コイズミツール2A34
サイトウ製作所2C14
さくさく2A02
ジーネット3B20
ジーベックテクノロジー2D03
住友電気工業2A17
曽根田工業2A21
ダイジェット工業2A23
大昭和精機2D08
大洋ツール2B05
田野井製作所2C10
タンガロイ2B26
中京2C13
ツールドインターナショナル2B20
テグテックジャパン2A19
東鋼2C31
日研工作所2D18
日進工具2B17
ノア2D19
ノガ・ウォーターズ2B18
ビーシーテック2D23
不二越2D01
富士精工2D16
フジBC技研2C04
松岡カッター製作所2A20
丸一切削工具2D21
三菱マテリアル2A36
MOLDINO2A24
彌満和製作所2C18
ユニオンツール2B16
ライノス2C17
菱高精機2B27



X(旧Twitter)を運用しているメーカーのアカウント

MECT2023に出展する工作機械メーカー(切削)、ツーリングメーカー、切削工具メーカーのうち、X(旧Twitter)を運用している公式アカウントをまとめました。
(運用されていないアカウントは除く)

Xで出展内容やノベルティの情報を発信するアカウントが増えてきたため、気になる企業はフォローして最新情報を手に入れてみてはいかがでしょうか。

Xリストとして「MECT2023切削関連アカ」を公開しています。
このリストをフォローすることで下記リストの投稿のみを効率的に確認することができます。

工作機械メーカー(切削)のXアカウント

出展社名(Xアカウント名)
高松機械工業
DMG森精機(DMG MORI Japan)
中村留精密工業
ニデックマシンツール
長谷川機械製作所
ホーコス
牧野フライス製作所
村田機械
安田工業
ヤマザキマザック


ツーリングメーカーのXアカウント

出展社名
MSTコーポレーション
マンヨーツール


切削工具メーカーのXアカウント

海外製品の日本代理店やオリジナル切削工具を扱う商社も含まれており、全ての会社がメーカーではありませんが、こちらの記事では全てメーカーと表現しております。

出展社名(Xアカウント名)
IZUSHI(HORN)
イワタツール
宇都宮製作所
エムーゲ・フランケン
オーエスジー(OSG Corporation)
京セラ(京セラ機械工具)
コイズミツール
さくさく
ジーネット(ギガ・セレクション)
住友電気工業(住友電工ハードメタル)
曽根田工業
ダイジェット工業
タンガロイ
日進工具
松岡カッター製作所
MOLDINO
ユニオンツール


MECT2023攻略ガイド 無料配布

画像


MECT2023の視察(特に切削工具)に役立つガイドマップ「MECT2023攻略ガイド」を無料で提供しています。

資料のコンテンツは下記です。

  • MECT2023の変化点
  • 切削工具の最新技術
  • 加工対象や目的ごとに最適化された切削工具
  • ユーザー認知度ランキング(切削工具)
  • ユーザー注目度ランキング(切削工具)
  • 切削工具メーカーランキング
  • 切削工具に求められていること
  • MECT2023出展メーカーリスト(工作機械・ツーリング・切削工具)
  • MECT2023出展メーカー Xアカウントリスト


下記の資料請求フォームより必要事項を記入いただいた方に、入力後1~3日以内に資料を個別でお送りさせていただきます。

終了しました

MECTまとめ

  • 2023年は新第1展示館が初めて使用され、既存施設の第2展示館と第3展示館を含めた総展示面積は従来の34,000m2から6,000m2増え、40,000m2の最大規模で開催される
  • MECTには「新製品情報・資料の収集」と「業界動向の調査」を目的に参加されている方が圧倒的に多い
  • MECT来場者は製造業に従事されている方が71.7%と圧倒的に多く、次いで「商社・代理店」が14.3%
  • MECT来場者は技術系(製造、生産技術、設計、研究・開発)だけでなく、「営業・販売」の方が「新製品情報・資料の収集」と「業界動向の調査」を目的して参加している
  • 新型コロナウイルスの影響を受けていないMECT2019の来場者数合計は90,244人で、MECT2021は前回から来場者数が23.6%減った68,929人だった

関連記事

メールマガジンのご案内

mail-magazine-taku-kumi


タクミセンパイでは月に1回メールマガジンを配信しております。

お届けする内容としては下記になります。

・切削工具・切削加工業界の新着オリジナル記事
・切削工具・切削加工業界のオススメ記事
・イベント情報
・会員優先のキャンペーン・イベント情報

ご興味のある方は「メールマガジンのご案内」ページをご確認ください。

会員登録は無料でいつでも退会可能です。

Copyright ©  2020 タクミセンパイ. All Rights Reserved.