運営について

タクミセンパイの誕生経緯

タクミセンパイを運営してる服部です。

まずは簡単に自己紹介させていただきます。

私はバリ取りを自動化する工具を開発・製造・販売するメーカーで、営業を5年、マーケティングを4年経験しました。

現在はAIスタートアップで製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいます。(私の詳しい経歴については下記に掲載)

運営している理由

私が「みんなでつくる、切削工具の情報サイト|タクミセンパイ」というWEBサイトをオープンし、運営している理由を説明します。

バリ取りツールのメーカーで、営業とマーケティングに取り組む中で気づいた2つの問題が、タクミセンパイ誕生のキッカケになりました。

営業での気づき

まずはキッカケの1つとなった営業での気づきについて説明します。

メーカーの営業として全国のユーザーに技術支援をする中で、ある問題に気づきました。

それは、ユーザーの会社規模や会社所在地、担当者の役職や所属する部署、取引関係にある工具商社によって、切削工具の情報量に違いがあることです。

切削工具の情報格差をなくしたいという想いから、タクミセンパイのアイデアが生まれました。

タクミセンパイにこめた想いは、Visionである「切削加工に携わる人々の情報格差をなくす」に表現しています。

マーケティングでの気づき

2つ目のキッカケとなったマーケティングでの気づきを説明します。

マーケティングの業務で、切削工具メーカー各社のカタログやWEBサイトを確認していて、ある問題に気づきました。

それは、会社ごとにカタログ・WEBサイトの情報量や表現、構成が全く異なることです。(当たり前といえば当たり前のことですが)

情報量や構成が全く異なる媒体から切削工具を比較・検討するユーザーの皆様は、苦労されているだろうと考えました。

そこで、切削工具の比較・検討ができる情報サイトでありながら、コミュニティのようにユーザーが参加して楽しめるような要素を加えた、タクミセンパイの機能を思いつきました。

タクミセンパイのメイン機能は、Missionである「切削工具の比較・検討に便利さと楽しさを提供する」に表現しています。

タクミセンパイにこめた想い

営業とマーケティングでの気づきが、個人として切削加工業界の課題解決に取り組みたいという想いに変わり、2020年12月にタクミセンパイを公開しました。

個人で企画•運営しているため、メーカーではできないような取り組みに挑戦し、フットワーク軽く変化し続けたいと思っています。

タクミセンパイのVisionやMissionに共感いただけるユーザー、メーカー、商社、メディアの皆様とコラボレーションさせていただきながら、タクミセンパイを成長させたいと考えています。

コロナとタクミセンパイ

2020年にタクミセンパイを公開した理由があります。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会において、東京ビックサイトがIBC(国際放送センター)・MPC(メインプレスセンター)として利用される予定だったため、2020年はJIMTOF含め展示会の開催が変則的でした。

それに加え、コロナウイルスの影響でJIMTOF2020がオンライン開催となり、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が1年ずれこみ、2021年も展示会が変則的になることが考えられました。

展示会が今までのように開催できなくなり、ユーザーの皆様の貴重な情報収集の機会が失われてしまうと思い、タクミセンパイの公開をなんとか2020年に間に合わせました。

アフターコロナにおける、切削工具の比較・検討のスタンダードになれるように、頑張りたいと思っています。

運営 服部の経歴について

私はバリ取りを自動化する工具を開発・製造・販売するメーカーで、営業を5年、マーケティングを4年経験しました。

営業の経験・実績

まずは営業での経験・実績を紹介します。

技術営業として、北は青森、南は鹿児島まで、500社以上の切削加工ユーザーに訪問し、技術支援をさせていただきました。

また、展示会・イベントに出展者として100回以上参加し、10,000名以上の方の技術相談に対応しました。

他にも、セミナー講師を20回以上担当し、1,000名以上の方に対して技術的なプレゼンを実施しました。

マーケティングの経験・実績

次はマーケティングでの経験・実績を紹介します。

マーケティングとして、カタログの大規模改定を2回、WEBサイトの大型リニューアルを3回、ブランディングプロジェクトを1回経験しました。

また、下記の大型展示会に企画から携わりました。

2015年

  • MECT
  • インターモールド(東京)
  • 機械要素技術展(東京・大阪)
  • 自動車部品&加工EXPO
  • モノづくりマッチングJapan
  • Medtech Japan
  • 東京エアロスペースシンポジウム

2016年

  • JIMTOF
  • インターモールド(大阪)
  • 機械要素技術展(東京・大阪・名古屋)
  • 自動車部品&加工EXPO
  • モノづくりマッチングJapan

2017年

  • MECT
  • インターモールド(東京)
  • 機械要素技術展(東京・名古屋)

2018年

  • JIMTOF
  • インターモールド(大阪・名古屋)
  • 機械要素技術展(東京・名古屋)

2019年

  • インターモールド(東京・名古屋)
  • 機械要素技術展(名古屋)

その他、オリジナルイベントやノベルティの企画、専門媒体への寄稿やブログの連載を経験しました。

AIスタートアップでの経験

現在、AIスタートアップで製造業のお客様向けに、AIシステムの導入のお手伝いをしております。

その経験を活かして、製造業の中でも金属加工業、さらに切削加工業に特化して、DXの手段の1つであるAIについてもブログで情報を発信していきたいと思っております。

Copyright ©  2020 タクミセンパイ. All Rights Reserved.