オリジナル記事

【2022年最新版】ドリルメーカー:ユーザーランキング【切削工具の比較・検討】

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
「切削工具の情報サイト タクミセンパイ」を運営する、編集長の服部です。

本記事では「切削加工ユーザーの皆さまにアンケートを依頼し、回答いただいた内容をもとに作成したドリルメーカー*のランキング」について紹介しています。
「ドリルメーカー*の比較と検討に役立ててもらえれば」と考えて記事を書いています。

*海外製品の日本代理店やオリジナル切削工具を扱う商社も含まれており、全ての会社がメーカーではありませんが、こちらの記事では全てメーカーと表現しております。

【記事の信頼性】
本記事を書いた私は、2014年から切削加工業界に携わり、2020年から「切削工具の情報サイト タクミセンパイ」を運営しています。

工具メーカーで営業として500社以上の切削加工ユーザーに訪問し、技術支援をさせていただきました。
また、マーケティングとして展示会とイベントの企画・運営、カタログとWEBサイトの大型リニューアルプロジェクト、ブランディングプロジェクトを経験しました。

営業とマーケティングの経験をもとに、切削加工業界で働く皆さまに向けて本記事を執筆しています。

ドリルメーカー:ユーザーランキング

SolidDrill
タンガロイ SolidDrill

切削工具はメーカー数と製品バリエーションが多く、メーカーと製品を絞り込むのが難しいと考えます

そこで切削加工ユーザーにアンケートを依頼し、その結果を集計した「ドリルメーカー」のランキングを作成しました。

本記事では「ドリルメーカー」のランキングからTOP5を紹介しています。

ランキングを作成するにあたり、2020年11月~2022年6月に実施した切削加工ユーザー21名分のアンケートから、ドリルメーカーのランキングを作成しています。

アンケート対象ドリル
対象メーカー数43社
集計期間2020年11月~2022年6月
回答数21名(回答者は全て切削加工ユーザー)


ランキングの仕組み

ランキングの仕組みについて説明します。
タクミセンパイでは、切削工具を利用しているユーザーの方限定で、アンケートに回答してもらっています。

アンケートは、ドリルメーカー43社から該当するものを選択してもらう方法をとっています。(対象のドリルメーカーについては後述)

アンケートの一部を参考としてお見せします。

画像


ドリルメーカーのランキングを作成するにあたり、回答いただいたアンケートの内容は下記となります。

  1. 名前を知っている会社をすべてお選びください。(いくつでも)
  2. お勤め先で今までに使ったことがある、またはテストしたことがある会社をすべてお選びください。(いくつでも)
  3. お勤め先で現在採用中の会社をすべてお選びください。(いくつでも)
  4. 総合的に考えてオススメできる会社をすべてお選びください。(いくつでも)
  5. 総合的に考えて最もオススメできる会社をお選びください。(おひとつ
  6. 製品(性能・品質・コストパフォーマンス・ラインナップ)をオススメできる会社をすべてお選びください。(いくつでも)
  7. サービス(納期・相談対応レベル・相談対応スピード・提供コンテンツ)をオススメできる会社をすべてお選びください。(いくつでも)
  8. ブランド(ネーミング・メッセージ・デザイン・シンボル・イメージ・サウンド)をオススメできる会社をすべてお選びください。(いくつでも)


上記のアンケート結果をポイント化して、集計することでランキングを作成しています。
アンケートの各質問は、下記の項目と一致しています。

  1. 認知率
  2. 使用率
  3. 採用率
  4. 総合①
  5. 総合②
  6. 製品面の推奨度
  7. サービス面の推奨度
  8. ブランド面の推奨度


1~3(認知・使用・採用率)および6~7(製品面・サービス面・ブランド面の推奨度)は、選ばれた会社に1ポイント付与しています。
総合①および②に選ばれた会社は、6~7(製品面・サービス面・ブランド面の推奨度)に対してさらに1ポイント加算しています。

1~3(認知・使用・採用率)および6~7(製品面・サービス面・ブランド面の推奨度)を合算したのが総合ポイントです。

cutting-tool-maker-ranking-2021summer-mechanism



アンケート対象のドリルメーカー43社

アンケートの対象となっているドリルメーカー43社は下記となります。

ドリルメーカーランキングTOP5

ドリルメーカー43社のランキングTOP5は下記となりました。
*()内は総合ポイントです。

1位:オーエスジー株式会社(159pt)
2位:株式会社不二越(118pt)
3位:住友電工ハードメタル株式会社(67pt)
4位:三菱マテリアル株式会社(65pt)
5位:京セラ株式会社(43pt)

ドリルメーカー43社でオーエスジー様が1位でした。

ランキングTOP5について、どのようなポイント構成になっているか、下記の画像をご覧ください。
1位のオーエスジー様は、製品面・サービス面・ブランド面をバランスよくポイント獲得されています。

cutting-tool-maker-ranking-drill-2022

最新のランキングは、ドリルのページで確認できます。

ドリルメーカーに関するユーザーコメント

オーエスジー様のユーザーコメントを紹介します。
自動車部品、一般機械部品、半導体関連部品と幅広い業界で採用されていることがわかります。

画像


不二越様、住友電工ハードメタル様、京セラ様のユーザーコメントを紹介します。

画像

編集長コメント

ドリルについては1位のオーエスジー様が2位以降と大きく差をつけており、今後ランキングについて大きな変動はないと予想しています。

引き続き切削加工ユーザーへのアンケートを依頼し、回答数を増やしていきます。

関連記事

メールマガジンのご案内

mail-magazine-3


タクミセンパイでは、月に1回メールマガジンを配信しております。

お届けする内容としては下記になります。

・切削工具・切削加工業界の新着オリジナル記事
・切削工具・切削加工業界のオススメ記事
・イベント情報
・会員優先のキャンペーン情報

ご興味のある方は、「メールマガジンのご案内」ページをご確認ください。

会員登録は無料で、いつでも退会可能です。

Copyright ©  2020 タクミセンパイ. All Rights Reserved.