オリジナル記事

【2022年11月号】生産技術の有野さん

「生産技術の有野さん」は「切削工具の情報サイト タクミセンパイ」が企画・発信しているコンテンツです。
1/12サイズのフィギュアや小物で製造業を再現しています。

2022年11月のテーマは「JIMTOF2022に行こう」です。
今回はJIMTOF2022会期中に毎日更新するなど特別仕様で、全9回でお送りしました。

新聞に掲載されている四コマ漫画のようなコンテンツとして連載していきますので、仕事の息抜きにご覧ください。

生産技術の有野さんの設定

arino-san


中小企業で生産技術として働く有野さん。

有野さんは金属加工を得意とする株式会社タクミ製作所に勤務してます。

JIMTOF2022に行こう part1

JIMTOFは出展社数が多いので、
事前に調べて効率的に視察しよう

画像


会場も広く、出展社数の多いJIMTOFは事前調査をしなければ効率的な視察ができません。
JIMTOF視察は宿泊して2日以上欲しいところです。


JIMTOF2022に行こう part2

複数の取引先からJIMTOFの招待状をもらったけど、
どれを使うか迷う

画像


一部のお客様には招待状が足りていない一方、余っているお客様もあるようです。
その際はどの取引先からもらった招待状で行くか迷いますね。


JIMTOF2022に行こう part3

会社にJIMTOFの招待状を忘れてしまった

画像


スーツ姿の有野さん初登場回です。
直行でJIMTOFに行く予定が、朝早くに会社に寄ってから参加することになりました。


JIMTOF2022に行こう part4

国際展示場駅とビックサイトの間にある誘惑のマック

画像


工場の外で活動する有野さんが初登場する回です。
ビックサイトに行く途中に嫌でも目に入ってしまう誘惑のマック。
テーブルがたくさんあり、展示会前のメールチェックに便利すぎます。

JIMTOF2022に行こう part5

「問題解決のプロセス」を表現した
ノコギリのアートを見て、切削加工の改善を祈願する

画像


ビックサイトのアート「Saw,Sawing(切ってる鋸)」はアメリカの作家クレス・オンデバーグ氏の作品で、問題解決のプロセスを示しており、展示会にピッタリの作品です。

JIMTOF2022に行こう part6

ビックサイトに何度か来ている有野さんは、
逆三角形部分が会議室であることを知っている

画像


ビックサイトの逆三角形部分が展示会場と思っている人が一定数いるとか。
実際は会議室になっており、JIMTOF期間中も講演などが実施されました。

JIMTOF2022に行こう part7

ビックサイト集合目印の球体(昔は緑だった)

画像


ビックサイトの中には赤、青、緑の球体があり、そのうち緑の球体はグレーに塗り替えられています。
会場内での集合目印にされています。

JIMTOF2022に行こう part8

歩き疲れた足を癒すため、動く歩道を積極的に利用する

画像


広いビックサイトの会場内を歩きまわると疲れてしまいますが、東ホールに移動する通路に動く歩道があるので、多くの方が利用されています。

JIMTOF2022に行こう part9

会場でもらった資料を整理して、
報告書や回覧をつくるまでがJIMTOF

画像


JIMTOFに限らずですが、展示会に参加したら終わりでなく、手に入れた情報を次に活かすことが重要です。
会社ごとに展示会の参加報告方法は違いますが、報告書の作成や資料の回覧が多いのではないでしょうか。

SNSで情報発信中

Twitterとinstagramで第1・2・3金曜日に新作を公開しています。

Twitterはこちら

Instagramはこちら

関連記事

メールマガジンのご案内

mail-magazine-3


タクミセンパイでは、月に1回メールマガジンを配信しております。

お届けする内容としては下記になります。

・切削工具・切削加工業界の新着オリジナル記事
・切削工具・切削加工業界のオススメ記事
・イベント情報
・会員優先のキャンペーン情報

ご興味のある方は、「メールマガジンのご案内」ページをご確認ください。

会員登録は無料で、いつでも退会可能です。

Copyright ©  2020 タクミセンパイ. All Rights Reserved.