ブログ

切削加工業界のメディアまとめ

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
タクミセンパイを運営している服部です。

切削加工に関するメディアをまとめてみました。

メディアは、業界新聞、専門誌、WEBの3つに分類できます。
タクミセンパイも切削加工業界のメディアの1つで、WEBに分類されます。

それぞれの特長や、切削加工に関するメディアとしてのオススメ度などを紹介していきます。

この記事を読んで欲しい人

  • 切削加工業界のに関するメディアを知りたい
  • 切削加工業界の効率的な情報収集の方法を知りたい

業界新聞

私が把握している切削加工の情報が多い業界新聞は下記となります。


切削加工のみ、さらに広げて金属加工のみで構成された業界新聞は存在せず、切削加工に関する情報のみを入手したいとなると非効率・割高となってしまいます。

金型しんぶん

画像

金型しんぶんは、金型に携わる人を対象としたメディアです。

金型業界メインのメディアですが、金型の加工には工作機械と切削工具が欠かせないため、最新の動向や新製品情報が掲載されることがあります。

日本産機新聞

画像

日本産機新聞は、金属加工に関わる製品を販売する、商社・販売店をターゲットとしたメディアです。
公式情報では、機械・工具業界の流通専門紙と定義されています。

工作機械メーカーや切削工具メーカーが、商社・販売店の方々に製品を売ってもらうため、工作機械や切削工具の最新の動向や新製品情報を提供しています

2020年 2月20日号では、「特集 良い工具」として切削工具にフォーカスをあてた企画が掲載され、「日本産機新聞 の「特集 良い工具」が熱い!」で紹介させていただきました。

日経産業新聞・日刊工業新聞

日経産業新聞は、産業・企業情報に特化したメディアです。
公式情報では、ビジネス総合紙と定義されています。

日刊工業新聞は、すべての産業分野を守備範囲にして、特に「モノづくり」「中小企業」「技術」に力を入れたメディアです。
公式情報では、産業専門の総合紙と定義されています。

どちらのメディアも、切削加工に関する情報は、ニュース性の高いものがあれば紹介され、年に数回特集される程度となっています。

専門誌

私が把握している切削加工の情報が多い専門誌は下記となります。

機械技術・機械と工具・ツールエンジニア

画像

機械技術、機械と工具、ツールエンジニアの3つの専門誌はテーマが似ており、金属加工に関する加工技術と製品技術がメインで特集されているメディです。

金属加工には切削加工以外にも、プレス加工やレーザー加工などがありますが、いずれの専門誌も切削加工のボリュームが大きいです。
そのため、切削加工業界の情報収集目的であればオススメのメディアです。

3つの専門誌の違いやオススメの1誌について、「【レビュー】切削加工 専門誌 4誌比較」で紹介していますので、ご活用ください。

生産財マーケティング

1612858841

生産財マーケティングは、工作機械およびその関連機器・技術に関するメディアです。
ターゲット読者と提供できる情報が下記のように紹介されています。

  • 経営者の情報収集に
  • マーケティング担当者の市場分析に
  • 技術の最新動向を知りたい技術の方に
  • アナリストの統計資料として


経営者、マーケティング、営業、開発、どの部署においても興味あるコンテンツが提供され、専門的過ぎない専門誌になっています。

切削加工に関する情報をメインとして扱っているため、切削加工業界の情報収集目的であればオススメのメディアです。
生産財マーケティングについては、「【レビュー】切削加工 専門誌:生産財マーケティング」で詳しく紹介しています。

日経ものづくり

画像

日経ものづくりは、日本の製造業の技術者へ向けたメディアです。
公式情報では、総合情報誌と定義されています。

切削加工に関する情報は、ニュース性の高いものがあれば紹介され、年に数回特集される程度となっています。

WEB

製造現場ドットコム

製造現場ドットコムは、製造業の経営・技術・販売に関して、鮮度の高いスピード感あふれる情報を提供するメディアです。
公式情報では、製造業専門ニュースサイトと定義されています。

運営しているのは、業界新聞社の取締役編集長を務められていた方で、産業ジャーナリスト兼フリーライターとして活動されています。

「製造現場は日本の底力!」をスローガンに運営され、日本の根幹として存在する製造業の経営や技術をメインに報道することを目指されています。

自動車産業はじめ電機・航空機産業などの発展の裏には、日本が誇る世界最高水準の加工技術・金属加工技術の存在があり、本メディアは日本の製造業を応援できる真の媒体となり、メーカーの汗と知恵をスピーディーに世界に向け発信することを重視されています。

掲載されている記事は独自性が高いもの、現場感が強いものが多く、ここでしか読めない記事が多数展開されています。

取材対象は金属加工が中心で、切削加工の割合が大きいため、切削加工業界の情報収集目的であればオススメのメディアです。

機械と工具の総合情報サイト ToolNavi.jp

機械と工具の総合情報サイト ToolNavi.jpは、機械・工具の最新の情報を提供するメディアであり、中古機械や機械に付随する工具等を求めるユーザーののために日本全国の中古機械販売業者の在庫情報を集結した機械と工具の情報ポータルサイトです。

運営しているのは、切削工具および工作機械を製造・販売している有限会社曽根田工業です。

自動車産業はじめ、電機・航空機産業などの日本が誇る世界最高水準の加工技術を誇る製造業の「技術・販売・展示会」に関して、鮮度の高い最新の情報を提供し、ものづくり大国、日本を支えるユーザーの皆様の役に立つことを目指されています

下記のようなサービスを提供されています。

1.最新の機械・工具情報の提供
メーカーおよび新聞社の協力を得て、機械・工具および機械工具に関連する最新の情報を閲覧することが可能。その他にも、業界の最新ニュース、各メーカーの商品情報やキャンペーンをいち早く紹介。

2.全国展示会開催情報の提供
全国で開催されている機械および工具に関する最新の展示会情報を閲覧することが可能。

3.中古機械・工具情報の検索
サイト内に掲載されている機械・工具情報を検索して、欲しい機械等が見つかった場合、電話やメール等にて直接取引ができる。サイトで探して機械が見つからなかった場合、買いたし情報として掲示板に投稿することが可能。

4.カタログ・動画の掲載

5.企業情報一覧
メーカー、機械工具販売会社の企業情報を掲載。

まとめ

  • 切削加工業界に関するメディアは、業界新聞、専門誌、WEBの3つに分類できる
  • 業界新聞としては、金型しんぶん、産機新聞、日経産業新聞、日刊工業新聞がある
  • 業界新聞では、金型しんぶんと産機新聞で切削加工業界の情報を収集することができる。ただし、切削加工のみ、さらに広げて金属加工のみで構成された業界新聞は存在しないため、効率は良くない
  • 専門誌としては、機械技術、機械と工具、ツールエンジニア、生産財マーケティング、日経ものづくりがある
  • 専門誌では、機械技術、機械と工具、ツールエンジニア、生産財マーケティングで切削加工業界の情報を効率的に収集することができる
  • WEBとしては、製造現場ドットコム、機械と工具の総合情報サイト ToolNavi.jpがある
  • 製造現場ドットコムには、独自性の高い取材、現場感が強い取材が多く、ここでしか読めない記事が多数展開されており、切削加工業界の情報を効率的に収集することができる

関連記事

Copyright ©  2020 タクミセンパイ. All Rights Reserved.