ブログ

【2021年】インターモールド徹底解説

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
タクミセンパイを運営している服部です。

今回は開催まで1か月を切った、インターモールドについて解説いたします。

本来は「INTERMOLD」が正しい表記ですが、本記事では読みやすさ重視で「インターモールド」で表現しております。
カタカナ表記は公式も使用しており、こちらの方が一般的になりつつもあります。

この記事を読んでほしい人

  • インターモールド / 金型展 / 金属加工プレス技術展の概要を知りたい
  • インターモールド/ 金型展 / 金属加工プレス技術展の近年の動向を知りたい

インターモールドについて

画像

金属加工関連の展示会中でも、金型に特化したのがインターモールドです。

JIMTOFやMECTと比較すると開催の規模は小さいですが、専門性の高い展示会です。

工作機械メーカーや切削工具メーカーは、金型ユーザーをターゲットとしてブースを設計していますが、部品加工用の製品も展示しているケースも多いです。
そのため、部品加工に関わるユーザーの参加もオススメです。

インターモールドは、金型展と金属プレス加工技術展と共催という形をとっています。

開催月と開催場所

インターモールド / 金型展 / 金属プレス加工技術展は、隔年で東京と大阪で開催されています。

2018年から名古屋での開催が始まり、2018年と2019年に連続で開催されました。
2020年も開催予定でしたが、コロナウイルスの影響で中止となりました。
2021年は名古屋での開催は予定されておらず、今後どのようなペースで開催するかは不明です。

東京 開催大阪 開催名古屋 開催
開催時期4月4月6月
会場東京ビックサイトインテックス大阪ポートメッセなごや

東京および大阪は春(多くは4月)、名古屋は初夏(多くは6月)に開催されています。

東京はビックサイト、大阪はインテックス大阪、名古屋はポートメッセ名古屋で開催されています。

主催・運営

インターモールドおよび金型展

インターモールドおよび金型展は、一般社団法人日本金型工業会が主催で、インターモールド振興会が運営を担当しています。

後援には経済産業省、外務省、愛知県、名古屋市、独立行政法人日本貿易振興機構、名古屋商工会議所、日本経済新聞社名古屋支社が、協賛には多くの団体が参加しています。

金属プレス加工技術展

金属プレス加工技術展は、一般社団法人日本金属プレス工業協会が主催で、インターモールド振興会が運営を担当しています。

協賛には一般社団法人日本自動車部品工業会、一般社団法人日本鍛圧機械工業会、一般社団法人日本金型工業会などが参加しています。

来場者数の推移

2010年以降の来場者数推移

画像

インターモールド / 金型展 / 金属プレス加工技術展の来場者推移をまとめてみました。
2018年は大阪と名古屋、2019年は東京と名古屋で開催していますが、グラフは東京と大阪で作成しています。

WEB経由で入手できた最も古い来場者データが2010年だったため、2010年以降の来場者推移のグラフとなっております。

2011年は東京で開催を予定していましたが、東日本大震災の影響で中止となっております。

2012年以降、インターモールド / 金型展 / 金属プレス加工技術展いづれも来場者数は横ばいとなっております。
東京と大阪で来場者数はほとんど違いがないことがわかります。

2018年と2019年の実績

インターモールド2019について

画像

インターモールド 2019 / 金型展2019 / 金属プレス加工技術展2019の開催概要は下記となっております。

名称インターモールド 2019(第30回 金型加工技術展)
金型展2019(東京)
金属プレス加工技術展2019(東京)
会期2019年4月17日(水)~20日(土)
10:00~17:00(最終日は16時まで)
会場東京ビックサイト 青海展示棟
出展規模462社・団体 983小間
来場者数42,585人

インターモールド2019の来場者データ

インターモールド 2019 / 金型展2019 / 金属プレス加工技術展2019の来場者数は下記となっております。

天候インター
モールド
金型展金属プレス
技術展
VIP合計
4月17日
(水)
晴れ6,9308448512928,917
4月18日
(木)
晴れ7,9461,04099221310,191
4月19日
(金)
晴れ10,9901,3991,44028514,114
4月20日
(土)
晴れ7,0131,0021,2111379,363
合計32,8794,2654,49492742,585

例年、開催地に限らず金曜日の来場者数が多い傾向にあります。


インターモールド名古屋(2019)について

画像

インターモールド名古屋 / 金型展名古屋 / 金属プレス加工技術展名古屋の開催概要は下記となっております。

名称インターモールド名古屋
金型展名古屋
金属プレス加工技術展名古屋
会期2019年6月19日(水)〜22日(土)
10:00~17:00(最終日は16時まで)
会場ポートメッセなごや
出展規模376社・団体 676小間
来場者数40,171人

インターモールド名古屋(2019)の来場者データ

インターモールド名古屋 / 金型展名古屋 / 金属プレス加工技術展名古屋の来場者数は下記となっております。

天候インター
モールド
金型展金属プレス
技術展
VIP合計
6月19日
(水)
晴れ6,5508536136688,684
6月20日
(木)
晴れ7,5011,30970176210,273
6月21日
(金)
晴れ9,0981,7641,88876613,516
6月22日
(土)
晴れ
曇り
4,7311,3431,2983267,698
合計27,8805,2694,5002,52240,171

例年、開催地に限らず金曜日の来場者数が多い傾向にあります。

大阪で開催されたインターモールド2019と比較すると、名古屋の方が合計の来場者数は低いものの、金型展 / 金属プレス加工技術展およびVIPの来場者数は多いことがわかります。

幻のインターモールド2020とインターモールドオンライン

幻のインターモールド2020

画像

2020年は本来、下記の2つのインターモールドが開催される予定でした。

大阪開催名古屋開催
名称インターモールド2020
(第31回金型加工技術展)
金型展2020
金属プレス加工技術展2020
インターモールド名古屋
金型展名古屋
金属プレス加工技術展名古屋
会期2020年4月15日(水)
~18日(土)
2020年7月15日(水)
~18日(土)
会場インテックス大阪ポートメッセなごや

しかし、コロナウイルスの影響で2つの展示会は中止となりました。

インターモールドオンライン

2020年のインターモールド中止発表の後、メーカーとユーザーからの要望があり、下記の内容でオンラインにてインターモールドが開催されました。

オンライン開催
名称インターモールド / 金型展 / 金属プレス加工技術展
オンライン
本開催日程2020年10月5日(月)~16日(金)
情報公開期間2020年9月23日(水)~12月23日(水)

インターモールド / 金型展 / 金属プレス加工技術展 オンラインの実績について、本開催12日間の来場ユーザー数は37,000だったようです。

インターモールド2021

画像

コロナウイルスで2020年が中止となり、2年ぶりに東京で開催予定です。

東京 開催
名称インターモールド 2021(第32回金型加工技術展)
金型展2021 / 金属プレス加工技術展2021
会期2021年4月14日水)〜17日(土)
会場東京ビッグサイト 青海展示棟

来場者数は50,000人と予測されています。

また、2021年はインターモールド名古屋の開催はないようです。
今回、ロゴの「第○○回金型加工技術展」の記載がなくなりました。

インターモールドオンライン2021

今回、2021年5月18(火)~28日(金)の期間に、アフターインターモールドとしてオンラインでも開催されます。

これは、リアルとWEBの展示会が連続して開催される、新しい取り組みです。
製造業の場合、直接製品を見たりメーカーの人と話したいという声はよく聞きますし、一方でどの地域の人も好きな時間でオンラインで見たいという声もあるため、この開催方法はアフターコロナのスタンダードとなりそうな取り組みで期待しています。

期間中の目標アクセスユーザーを10万ユーザーと設定されています。
(前回2020年開催時12日間のユーザー数は37,000)

4月の展示会出展企業情報をアーカイブとして情報提供を継続しつつ、開催終了後も、製品情報や最新技術の情報更新・配信するようです。

オンライン展サイトへの連続的なアクセスを誘致する、オンライン特別フェアが開催されます。

下記のような予定が発表されています。

第1弾:「最新金型加工技術展」2021年2月16日~19日
第2弾:「最新放電加工技術展」2021年3月23日~26日
第X弾:「仕上げ加工技術」開催月未定
第X弾:「微細精密加工技術」開催月未定
第X弾:「次世代加工技術」開催月未定
第X弾:「生分解性プラ加工技術」開催月未定 他

まとめ

  • インターモールドは金型に特化した展示会で、隔年で東京と大阪で開催されている。2018年と2019年は名古屋でも開催
  • インターモールドは、金型展と金属プレス加工技術展と共催している
  • 2012年以降、インターモールド / 金型展 / 金属プレス加工技術展いづれも来場者数は横ばい状態
  • 東京と大阪会場で来場者数はほとんど差がない
  • 2020年は大阪と名古屋でインターモールドが開催される予定だった
  • メーカーとユーザーからの要望があり、2020年にインターモールドオンラインが開催された
  • インターモールド2021は2年ぶりに東京で開催される
  • 新しい取り組みとして、インターモールド終了後の5月にアフターインターモールドがオンラインで開催される

関連記事

Copyright ©  2020 タクミセンパイ. All Rights Reserved.