ブログ

【2022年】JIMTOFとは【切削工具・工作機械の展示会を徹底解説】

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
「切削工具の情報サイト タクミセンパイ」を運営する、編集長の服部です。

本記事では、「切削工具・工作機械の展示会 JIMTOF」について解説しています。
「JIMTOFの概要、近年の動向」について理解が深まる記事を目指して執筆しました。

【記事の信頼性】
本記事を書いた私は、2014年から切削加工業界に携わり、2020年から「切削工具の情報サイト タクミセンパイ」を運営しています。

工具メーカーで営業として500社以上の切削加工ユーザーに訪問し、技術支援をさせていただきました。
また、マーケティングとして展示会とイベントの企画・運営、カタログとWEBサイトの大型リニューアルプロジェクト、ブランディングプロジェクトを経験しました。

営業とマーケティングの経験をもとに、切削加工業界で働く皆さまに向けて本記事を執筆しています。

JIMTOFとは

画像

JIMTOFは「JAPAN INTERNATIONAL MACHINE TOOL FAIR」の頭文字で、日本国際工作機械見本市とも呼ばれます。
1962年にスタートした国内最大で歴史のある展示会です。

新型コロナウイルスの影響で、前回(2020年)はオンラインのみでの開催となったため、4年ぶりのリアル開催となりました。

JIMTOF、IMTS米国のシカゴ国際製造技術展、シカゴショー)、EMO欧州国際工作機械見本市)を合わせて世界3大工作機械見本市といいます。
また、最近はCIMT中国国際工作機械見本市)を合わせて世界4大工作機械見本市といわれるようになりました。

公式サイトにて、JIMTOFの特徴が3つ紹介されています。

  1. 世界で最も早く最先端の技術を見せる見本市
    多くの出展者がJIMTOFに合わせて新製品の開発を行うなど、最先端技術がいち早く発表される場として、世界各国・地域の業界関係者より高く評価されています。
  2. 質・量ともに世界レベル!幅広い来場者層
    景況に左右されることなく、近年のJIMTOFは継続的に10万人以上の来場者をお迎えしており、高く安定した集客力には定評があります。
  3. 充実した併催企画・高度な情報交換の場
    業界最先端の技術者会議から業界トップが経営戦略を語る講演会・セミナーなどJIMTOFは専門性の高い情報が飛び交う併催企画も充実しています。


一番のポイントは、開催規模が最も大きく、工作機械メーカーや切削工具メーカーがJIMTOFに合わせて新製品を発表・展示実演することです。

JIMTOFについて、下記をまとめています。

  • 開催年と開催場所
  • 主催・趣旨・出展製品
  • 来場者数の推移
  • 来場者データ
  • JIMTOF2018
  • 幻のJIMTOF2020とJIMTOF2020 Online
  • JIMTOF2022


開催年と開催場所

JIMTOFは、偶数年に東京ビックサイト(東京国際展示場)で開催されています。

実は第1回(1962年)は大阪で開催されており、第19回(1998年)までは2年ごとに大阪と東京で交互に開催されていました。
第20回(2000年)からは東京のみでの開催となりました。

JIMTOFが開催されない奇数年にMECTが開催されています。

主催・趣旨・出展製品

JIMTOFは「一般社団法人日本工作機械工業会」と「株式会社東京ビッグサイト」が主催です。

協賛は日本工作機械輸入協会、 (一社)日本鍛圧機械工業会、 日本精密機械工業会、 日本機械工具工業会、 (一社)日本工作機器工業会、 日本精密測定機器工業会、 研削砥石工業会、 ダイヤモンド工業協会、 日本光学測定機工業会、 (一社)日本フルードパワー工業会、 (一社)日本試験機工業会、 (一社)日本歯車工業会が参加しています。

開催趣旨は「工作機械及びその関連機器等の内外商取引の促進ならびに国際間の技術交流をはかり、もって産業の発展と貿易の振興に寄与することを目的とする。」となっています。

出展製品は下記となっています。

  • 工作機械
  • 鍛圧機械
  • 工作機器
  • 機械工具(切削工具・耐摩耗工具)
  • ダイヤモンド・CBN工具
  • 研削砥石
  • 歯車・歯車装置
  • 油圧・空気圧・水圧機器
  • 精密測定機器
  • 光学測定機器
  • 試験機器
  • 制御装置および関連ソフトウェア(CAD、CAM等)
  • その他工作機械に関連する環境対応機器装置・機器・資材・製品・技術および情報

来場者数の推移

JIMTOFは1962年から開催されています。

第17回(1994年)以前と第18回(1996年)以降で来場者の集計方法が変わっており、分割して来場者の推移のグラフを用意しました。

全来場者数と海外からの来場者数が確認できます。

来場者推移:~第17回(1994年)

画像


JIMTOFの第1回(1962年)から第17回(1994年)の来場者推移です。

グラフより、1980年から海外からの来場者数が増加していることがわかります

来場者推移:第18回(1996年)~

画像


第18回(1996年)から第29回(2018年)の来場者推移です。

来場者は増加傾向にあり、特に海外からの来場者数が2004年以降に伸びています

JIMTOFは海外からの来場者が多い展示会で、2018年は全体の約1割が海外からの来場者でした。
出展者としては、多言語でのブース設計や商談対応が必要な展示会です。

2008年のリーマンショック後は来場者数が一時的に減少しており、東日本大震災(2011年)の影響はほとんどなかったことが確認できます。

来場者データ

JIMTOF2018の来場者データから、JIMTOFの特徴を説明いたします。

JIMTOF2018の来場目的(国内)

画像


JIMTOF2018 の来場者(国内)に対して、来場目的を複数回答してもらった結果が上記グラフです。

業界動向と新製品情報の獲得を目的に参加されている方が圧倒的に多いことがわかります。

JIMTOF2018来場者の関心のある品目(国内)

画像


JIMTOF2018 の来場者(国内)に対して、関心のある品目を複数回答してもらった結果が上記グラフです。

工作機械が圧倒的に多く、次いで工作機器、機械工具(切削工具など)、精密測定機器が多いことがわかります。
関心のある品目からも、切削加工業界の方が多く参加していることがわかります。

JIMTOF2018来場者の業種別カテゴリー(国内)

画像


JIMTOF2018 の来場者(国内)に対して、業種を回答してもらった結果が上記グラフです。

製造業に従事されている方が75%と圧倒的に多く、次いで関連する商社・代理店が15%となっています。

JIMTOF2018来場者の職種(国内)

画像


JIMTOF2018 の来場者(国内)に対して、職種を回答してもらった結果が上記グラフです。

生産・製造、技術・設計の2つの職種で約50%を占めており、技術系の職種の方が業界動向と新製品情報を求めて参加していることがわかります。

JIMTOF2018

JIMTOF2018について

jimtof2018


JIMTOF2018の開催概要は下記となっております。

名称JIMTOF2018
JAPAN INTERNATIONAL MACHINE TOOL FAIR
第29回日本国際工作機械見本市
会期2018年11月1日(木)~11月6日(火)
9:00~17:00
会場東京ビッグサイト(東京国際展示場)全館
出展規模1,085社・団体
5,524小間
来場者数153,103人


JIMTOF2018の入場ゲートの様子。会場直後は混雑します。

画像
公式サイトより



JIMTOF2018のブースの様子。お昼ごろに来場者数がピークになることが多いです。

画像
公式サイトより



JIMTOF2018のセミナー会場の様子。事前予約が必要で、早くに満席になることがあります。

画像
公式サイトより


JIMTOF2018の来場者データ

JIMTOF2018の来場者数は下記となっております。

天候国内海外合計
11月1日
(木)
晴れ21,8414,78726,628
11月2日
(金)
晴れ36,0203,28939,309
11月3日
(土)
晴れ35,8242,02837,852
11月4日
(日)
曇り
のち雨
13,4051,18514,590
11月5日
(月)
曇り18,7191,12919,848
11月6日
(火)
14,36051614,876
合計140,16912,934153,103

例年、金曜日と土曜日の来場者数が多い傾向にあります。
今年(2022年)は火曜日スタートであることと、新型コロナウイルスの影響もあるため、過去実績とは異なる来場者の分布になることが予想されます。

JIMTOF2018は世界63ヵ国・地域からの来場があり、海外来場者数が過去最多となりました。

幻のJIMTOF2020とJIMTOF2020 Online

幻のJIMTOF2020

画像


2020年は本来、下記の内容でJIMTOF2020が開催される予定でした。

名称JIMTOF2020
JAPAN INTERNATIONAL MACHINE TOOL FAIR
(第30回日本国際工作機械見本市)
会期2020年12月7日月)〜12日(土)
会場東京ビッグサイト(東京国際展示場)

しかし、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

JIMTOF2020 Online

画像


JIMTOF2020中止発表の後、メーカーとユーザーからの要望があり、下記の内容でJIMTOF2020 Onlineが開催されました。

名称JIMTOF2020 Online
会期2020年11月16日月)〜27日(金)
2020年11月27日(金)~12月11日(金)が
アーカイブ期間

出展者数と来場者数の結果は下記となっております。

国内海外合計
出展者
(社・団体)
37024394
来場者
(人)
49,0593,10952,168

JIMTOF2018の来場者数の合計は153,103人であるため、オンラインでの参加者数52,168人はリアル開催比較で約35%程度になっています。


JIMTOF2022

画像


2018年から4年ぶりのリアル開催です。

キャッチコピーは「開かれる扉(ミライ)、世界を動かす技術の出会い」。
4年ぶりの開催となるJIMTOFで多くの素晴らしい出会いが生まれ、産業の躍進に繋がっていってほしいという思いが込められています。

名称JIMTOF2022
JAPAN INTERNATIONAL MACHINE TOOL FAIR
(第31回日本国際工作機械見本市)
会期2022年11月8日(火)〜13日(日)
会場東京ビッグサイト(東京国際展示場)
全館

公式サイトの情報から、新型コロナウイルスの感染予防策として小間数削減などはなく、過去最大規模での開催が予定されています。

JIMTOF2022に役立つ資料プレゼント

現在、切削工具フェス2022の企画の1つとして、切削工具に関する大規模調査を実施しています。

全ての方に参加資格があり、3分程度で完了する簡単なアンケートです。

調査に協力いただいた皆様に、参加特典「JIMTOF2022参加前の予習に!切削加工業界の押さえておくべき情報2022」をプレゼントいたします。
メーカー、機械工具販売店、切削加工ユーザーの皆様にとって役立つ情報をご提供します。

回答期限は2022年7月31日(日)23時59分です。

参加は切削工具フェス2022のイベントページの一番下に掲載しています。

切削工具フェス2022 イベントページ

参加特典のコンテンツとイメージは下記をご確認ください。

  • 切削工具の使用率
  • 切削工具メーカーの発展
  • 切削工具メーカーのランキング
  • 切削工具のトレンド
  • バリの発生に困っている切削工具
  • 工作機械のトレンド
  • EV化の影響(切削加工業界の将来性)

sanka-tokuten-2022-2



JIMTOFまとめ

  • 新型コロナウイルスの影響で、2020年のJIMTOFがオンラインのみでの開催となったため、4年ぶりのリアル工作機械見本市となる
  • 来場者数は増加傾向にあり、特に海外からの来場者数が2004年以降に伸びている
  • JIMTOFに参加される方の目的は、業界動向と新製品情報の獲得が圧倒的に多い
  • JIMTOF参加者の関心のある品目は、工作機械が圧倒的に多く、次いで工作機器、機械工具(切削工具など)、精密測定機器が多い
  • JIMTOF参加者のうち75%が製造業に従事されている方で、生産・製造、技術・設計の2つの職種で約50%を占めている

関連記事

メールマガジンのご案内

タクミセンパイでは、月に1回メールマガジン(無料)を配信しております。

お届けする内容としては下記になります。
・新着記事
・オススメ記事
・イベント情報
・お得なキャンペーン情報

ご興味のある方は、お問い合わせフォームより「メールマガジン希望」とご連絡ください。

Copyright ©  2020 タクミセンパイ. All Rights Reserved.