ブログ

【2021年】MECT徹底解説

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
タクミセンパイを運営している服部です。

今回は開催まで1か月を切った、MECTについて解説いたします。

本来は「メカトロテックジャパン」が正しい表記ですが、本記事では公式でも採用されている略語「MECT」を使用しております。

この記事を読んでほしい人

  • MECTの概要を知りたい
  • MECTの近年の動向を知りたい

MECTについて

画像

1987年にスタートした国内最大級の工作機械見本市です。
1987年に20歳だった方は現在54歳ですので、現役で働いている方も多くいらっしゃるのではと思います。

国内ではJIMTOFに次いで規模の大きな、自動車産業の中心地である名古屋で開催される展示会です。
新型コロナウイルスの影響で、昨年(2020年)はJIMTOFがオンラインのみでの開催となったため、アフターコロナ以降で最大規模のリアル工作機械見本市となりました。

工作機械メーカーや切削工具メーカーが、このイベントに合わせて新製品を発表しています。
久々にリアルで製品を見ることを楽しみにしている方が多くいらっしゃるかと思います。

名古屋で開催されることから、作業着姿で参加される方が多いのもこの展示会の特徴です。

開催年と開催場所

MECTは、奇数年にポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催されています。

MECTが開催されない偶数年にJIMTOFが開催されています。

主催・運営

MECTは株式会社ニュースダイジェスト社が主催で、運営もおこなっています。

ニュースダイジェスト社は、月刊生産財マーケティングを出版している会社として、ご存知の方が多いかと思います。
展示会と出版物が連動した企画力が、他の展示とは異なります

生産財マーケティングの展示会特集は、MECT主催としての視点も加わり、非常に見ごたえのある記事になっているのが特徴です。
まだ生産財マーケティングを読んだことがない方は、レビュー記事を見ていただければと思います。

共催には愛知県機械工具商業協同組合、後援には経済産業省、外務省、文部科学省、日本貿易振興機構(ジェトロ)名古屋貿易情報センター、愛知県、名古屋市、名古屋商工会議所が、協賛には多くの団体が参加しています。

来場者数の推移

2003年以降の来場者数推移

画像

MECTの来場者推移をまとめてみました。

WEB経由で入手できた最も古い来場者データが2003年だったため、2003年以降の来場者推移のグラフとなっております。

東日本大震災の2011年は来場者が減っていますが2007年以降の来場者数は90,000~94,000人で推移しています。

2019年の実績

MECT2019について

画像

MECT2019の開催概要は下記となっております。

名称メカトロテックジャパン2019
MECHATRONICS TECHNOLOGY JAPAN2019
(略称:MECT2019)
会期2019年10月23日(水)~26日(土)
10:00~17:00
(10月25日(金)は 18:00まで 最終日26日(土)は16:00まで)
会場ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
1号館・2号館・3号館
出展規模477社・団体 1,941小間
来場者数90,244人

MECT2019の入場ゲートの様子。会場直後は混雑します。

画像
公式サイトより

MECT2019のブースの様子。お昼ごろに来場者数がピークになることが多いです。

画像
公式サイトより

MECT2019のセミナー会場の様子。事前予約が必要で、早くに満席になることがあります。

画像
公式サイトより

MECT2019の来場者データ

MECT2019の来場者数は下記となっております。

天候国内海外合計
10月23日
(水)
晴れ15,86338716,250
10月24日
(木)
曇りのち雨19,70524319,948
10月25日
(金)
26,20245126,653
10月26日
(土)
晴れ27,21717627,393
合計88,9871,25790,244

例年、金曜日と土曜日の来場者数が多い傾向にあります。
今年(2021年)は新型コロナウイルスの影響もあるため、過去実績とは異なる来場者の分布になることが予想されます。

デザイン

画像
公式サイトより

MECT2019からメインビジュアルにPOPなデザインが採用されました。

金属加工業界においてこのようなデザインを採用することはチャレンジだったかと思いますが、今年もPOPであることからから好評だったのではと予想します。
私は個人的にこのPOPなデザインが大好きで、今後も続いてほしいなと思っています。

MECT2021

画像

2019年から2年ぶりの開催です。キャッチコピーは「キカイを探そう」。

今年から展示会のロゴデザインが変更されました。

名称メカトロテックジャパン2021
MECHATRONICS TECHNOLOGY JAPAN2021
(略称:MECT2021)
会期2021年10月20日水)〜23日(土)
会場ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
1号館・2号館・3号館

新型コロナウイルスの感染予防策としてスペースや通路を確保するため、小間数を例年より1割削減されています。

来場者数は80,000人と予測されています。

まとめ

  • 新型コロナウイルスの影響で、2020年のJIMTOFがオンラインのみでの開催となったため、アフターコロナ以降で最大規模のリアル工作機械見本市となった
  • MECTの主催は、生産財マーケティングを出版している株式会社ニュースダイジェスト社であり、展示会と出版物が連動した企画力が他の展示と異なる
  • 2007年以降の来場者数は90,000~94,000人で推移
  • 新型コロナウイルスの感染予防策としてスペースや通路を確保するため、小間数を例年より1割削減

関連記事

Copyright ©  2020 タクミセンパイ. All Rights Reserved.