ブログ

【独自調査データあり】切削工具の種類・分類とランキング

ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
「切削工具の情報サイト タクミセンパイ」を運営する、編集長の服部です。

本記事では、「切削工具の種類・分類とランキング」について紹介しています。
「独自調査データとして切削工具の使用率とバリ取りに困っている切削工具」情報も掲載しています。

【記事の信頼性】
本記事を書いた私は、2014年から切削加工業界に携わり、2020年から「切削工具の情報サイト タクミセンパイ」を運営しています。

工具メーカーで営業として500社以上の切削加工ユーザーに訪問し、技術支援をさせていただきました。
また、マーケティングとして展示会とイベントの企画・運営、カタログとWEBサイトの大型リニューアルプロジェクト、ブランディングプロジェクトを経験しました。

営業とマーケティングの経験をもとに、切削加工業界で働く皆さまに向けて本記事を執筆しています。

切削工具の種類・分類とランキング

「切削工具の情報サイト タクミセンパイ」では、切削工具の種類を11カテゴリに分類しています。

  • フェイスミル
  • エンドミル
  • サイドカッター
  • Tスロットカッター
  • 面取りカッター
  • ドリル
  • リーマ
  • ボーリング
  • タップ
  • スレッドミル
  • 旋削工具


刃先を交換して使用する工具を「インサート式工具」「スローアウェイ式工具」「刃先交換式工具」と呼びます。
使い捨ての意味のスローアウェイは環境意識の高まりで使用されることが少なくなり、インサートの呼び方が主流になってきています。
本記事内ではインサートで記載しています。

また、切削加工は旋削加工(ターニング)、フライス加工(ミーリング)、穴加工(ドリリング)の3つに分類することができます。
本記事内でどの分類に該当するか記載しています。

各切削工具について、概要やさらに細かい分類、切削工具の利用率やバリの発生に困っている切削工具のランキングについて解説します。

切削工具に関するランキング

切削工具の利用率

100名のユーザーに普段利用している切削工具をアンケートで回答いただいた結果が下記となります。

画像

1位:ドリル(90%)
2位:エンドミル(83%)
3位:タップ(78%)
4位:リーマ(75%)
5位:面取りカッター(74%)
6位:旋削加工用の内径・外径工具(61%)
7位:フェイスミル(60%)
8位:旋削加工用の溝入れ・突っ切り工具(52%)
9位:ボールエンドミル(49%)
10位:ボーリング(48%)
11位:Tスロットカッター(42%)
12位:旋削加工用のねじ切り工具(41%)
13位:サイドカッター(27%)
14位:スレッドミル(22%)

本記事内で、各切削工具の使用率の順位と%を記載しています。

バリの発生に困っている切削工具

株式会社ジーベックテクノロジー様と共同で、「最もバリの発生に困っている切削工具について」アンケート調査を実施しました。
詳しくは「【切削加工】バリの発生に困っている切削工具ランキング」に記載しています。

88名のユーザーに14種類の切削工具の中から1種をアンケートで回答いただいた結果が下記となります。

cuttingtool-burr

1位:ドリル
2位:エンドミル
3位:旋削加工用のねじ切り工具
4位:タップ
5位:面取りカッター
6位:Tスロットカッター
6位:旋削加工用の内径・外径工具
8位:フェイスミル
9位:サイドカッター
9位:リーマ
11位:旋削加工用の溝入れ・突っ切り工具
11位:ボーリング
13位:スレッドミル

13位:ボールエンドミル

本記事内で、各切削工具のバリの発生に困っている順位を記載しています。

フェイスミル

画像
工具名フェイスミル(Face mill)
加工分類フライス加工(ミーリング)
順位切削工具の使用率:7位(60%)
バリの発生に困っている切削工具:8位
概要フェイスミル(正面フライス)は、広い平面を切削するための切削工具です。端面と外周面に切れ刃を持ちます。

フェイスミルメーカーのランキング

タクミセンパイではユーザーへアンケートを依頼し、フェイスミルメーカーのランキングを作成しています。
フェイスミルメーカーのランキングは、「切削工具メーカーランキング:フェイスミル」をご確認ください。

エンドミル

画像
工具名エンドミル(End mill)
加工分類フライス加工(ミーリング)
順位切削工具の使用率:2位(83%)
バリの発生に困っている切削工具:2位
概要エンドミルは、溝加工・肩削り加工・ポケット加工・穴加工などをするための切削工具です。エンドは端、ミルは粉砕を意味しています。側面と端面に切れ刃を持ちます。

エンドミルの分類

画像

エンドミルは構造で「インサートタイプ」、ボディ自体が刃部の機能を果たす「ソリッドタイプ」、チップをボディにろう付けする「ロウ付タイプ」に分類できます。

先端(刃底)形状で「スクエア刃(スクエアエンドミル)」「ボール刃(ボールエンドミル)」「ラジアス刃(ラジアスエンドミル)」に分類できます。
スクエア刃が最も一般的で、ボール刃は金型などの曲面の加工に、ラジアス刃は金型などの角の丸みを加工する際に使用されます。

外周切れ刃形状で「ストレート刃」「テーパー刃(テーパーエンドミル)」「ニック切れ刃」「ラフィング切れ刃(ラフィングエンドミル)」に分類できます。
ストレート刃が最も一般的で、切れ刃に溝(ニック)が刻まれたニック切れ刃は中仕上げ~粗削り、切れ刃が波状になったラフィング切れ刃は粗削りに使用されます。

エンドミルメーカーのランキング

タクミセンパイではユーザーへアンケートを依頼し、エンドミルメーカーのランキングを作成しています。
エンドミルメーカーのランキングは、「切削工具メーカーランキング:エンドミル」をご確認ください。

サイドカッター

画像
工具名サイドカッター(Side cutter)
加工分類フライス加工(ミーリング)
順位切削工具の使用率:13位(27%)
バリの発生に困っている切削工具:8位
概要サイドカッターは、溝加工をするための切削工具です。外周部とサイドに切れ刃を持ちます。両サイドに刃を持つフルサイドカッターと、片側に刃を持つハーフサイドカッターがあります。

Tスロットカッター

画像
工具名Tスロットカッター(Tslot cutter)
加工分類フライス加工(ミーリング)
順位切削工具の使用率:11位(42%)
バリの発生に困っている切削工具:13位
概要Tスロットカッターは、T溝加工をするための切削工具です。T溝フライスとも呼ばれます。

面取りカッター

画像
工具名面取りカッター(Chamfercutter
順位切削工具の使用率:5位(74%)
バリの発生に困っている切削工具:5位
加工分類フライス加工(ミーリング)
概要面取りカッターは、エッジの面取りをするための切削工具です。

面取りカッターメーカーのランキング

タクミセンパイではユーザーへアンケートを依頼し、面取りカッターメーカーのランキングを作成しています。
面取りカッターメーカーのランキングは、「切削工具メーカーランキング:面取りカッター」をご確認ください。

ドリル

画像
工具名ドリル(Drill)
加工分類穴あけ(ドリリング)
順位切削工具の使用率:1位(90%)
バリの発生に困っている切削工具:1位
概要ドリルは、穴加工をするための切削工具です。切削工具の中でドリルが最も利用されています。先端角118°の切れ刃が一般的で、安定的な加工ができ、寿命が長いという特徴があります。

ドリルの分類

画像

ドリルは構造で「インサートタイプ」「ヘッド交換式タイプ」「ソリッドタイプ」「ロウ付タイプ」に分類できます。
ソリッドタイプが主流ですが、インサートタイプやヘッド交換式タイプが増えています

溝のねじれ形状で、ねじれ角の異なる「ねじれドリル(ツイストドリル)」「直刃ドリル(ストレートドリル)」に分類できます。

加工用途で「汎用ドリル」の他に、2つの直径をもつ「段付きドリル」、直径と全長の比(L/D)が大きい「ロングドリル」「ガンドリル」、「センタ穴ドリル」などがあります。

ドリルメーカーのランキング

タクミセンパイではユーザーへアンケートを依頼し、ドリルメーカーのランキングを作成しています。
ドリルメーカーのランキングは、「切削工具メーカーランキング:ドリル」をご確認ください。

リーマ

画像
工具名リーマ(Reamer)
加工分類穴あけ(ドリリング)
順位切削工具の使用率:4位(75%)
バリの発生に困っている切削工具:8位
概要リーマは、穴の内径寸法(公差)、内径の面相度、真円度、真直度を達成するための切削工具です。適用穴径はφ20mm程度で、それ以上大きい穴はボーリングが使用されます。

リーマの分類

画像

リーマは構造で「インサートタイプ」「ソリッドタイプ」、「ロウ付タイプ」に分類できます。

リーマメーカーのランキング

タクミセンパイではユーザーへアンケートを依頼し、リーマメーカーのランキングを作成しています。
リーマメーカーのランキングは、「切削工具メーカーランキング:リーマ」をご確認ください。

ボーリング

画像
工具名ボーリング(Boring)
加工分類穴あけ(ドリリング)
順位切削工具の使用率:10位(48%)
バリの発生に困っている切削工具:12位
概要ボーリングは、既に空いている穴の内面をくり広げて、内径寸法を仕上げるための切削工具です。

ボーリングの分類

画像

ボーリングは構造で「インサートタイプ」「ヘッド交換タイプ」に分類できます。

タップ

画像
工具名タップ(Tap)
加工分類穴あけ(ドリリング)
順位切削工具の使用率:3位(78%)
バリの発生に困っている切削工具:4位
概要タップは、雌ねじを加工するための切削工具です。

タップの分類

画像

加工方法で、切り屑を排出する「タップ(切削タップ)」と、切り屑を排出しない「フォーミングタップ(転造タップ)」に分けられます。

切削タップには、切り屑が出口側に落ちる「ポイントタップ」、切り屑が入り口側に上がる「スパイラルタップ」があります。

ねじの種類で、「メートルねじ並目 / 細目用」「ウィット用」「ユニファイねじ並目 / 細目用」「ミシン用ねじ用」「PF(管用平行 / テーパねじ)用」「NPT(アメリカ管用テーパねじ)用」に分類できます。

タップメーカーのランキング

タクミセンパイではユーザーへアンケートを依頼し、タップメーカーのランキングを作成しています。
タップメーカーのランキングは、「切削工具メーカーランキング:タップ」をご確認ください。

スレッドミル

画像
工具名スレッドミル(Thread mill)
加工分類フライス加工(ミーリング)
順位切削工具の使用率:14位(22%)
バリの発生に困っている切削工具:13位
概要スレッドミルは、ねじを加工するための切削工具です。ねじ切りカッターとも呼ばれます。カッターをリードに合わせてヘリックスに送ることでねじを切ります。

旋削工具

画像
工具名旋削工具(Turning tool)
加工分類旋削加工(ターニング)
順位内径・外径用
 切削工具の使用率:6位(61%)
 バリの発生に困っている切削工具:6位


溝入れ・突っ切り用
 切削工具の使用率:8位(52%)
 バリの発生に困っている切削工具:11位


ねじ切り用
 切削工具の使用率:12位(41%)
 バリの発生に困っている切削工具:3位
概要旋削工具は、旋盤で使用する切削工具です。旋盤で使用されるバイトという言葉は日本で生まれで、英語ではカッティングツールと呼ばれます。

旋削工具の分類

画像

旋削工具は構造で「インサートタイプ」「ソリッドタイプ(むくバイト / 完成バイト)」「ロウ付タイプ(付け刃バイト)」に分類できます。
現在は、チップをボディに機械的に締結するスローアウェイタイプが主流です。

加工用途で「内径・外径加工用」「溝入れ・突っ切り加工用」、「ねじ切り加工用」に分類できます。

旋削工具メーカーのランキング

タクミセンパイではユーザーへアンケートを依頼し、旋削工のランキングを作成しています。
旋削工具のランキングは、「切削工具メーカーランキング:旋削工具|内径・外径」、「切削工具メーカーランキング:旋削工具|溝入れ・突切り用」をご確認ください。

関連記事

Copyright ©  2020 タクミセンパイ. All Rights Reserved.